So-net無料ブログ作成

1413194019_article.png 日本のGDP下方修正が株価調整のきっかけとなるか?

本日発表された日本の7-9月期GDP・2次速報値は、前回発表値から下方修正となりましたが、東京市場での株価は前週末終値付近で終えています。
しかし、海外時間に入ってからはドル円の下落もあり、日経先物は17,800円付近まで下落しています。

ここまで順調すぎるほど順調に上昇してきた株価ですので、そろそろ調整があってもおかしくないところ。
日経平均は16,000円手前からの上昇が急だったこともあり、16,000円台後半付近までの下落は大いに有り得ると考えています。
週明けのダウは50ドル安付近で始まっていますが、この後どうなるでしょうか?
※上記は個人的な見解であり、投資における最終判断はご自身で行ってください。
タグ:GDP 下方修正
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。