So-net無料ブログ作成


1413194019_article.png 3/19-3/23為替相場の展望

先週の為替相場は、ティラーソン国務長官の解任により一時ドル売りが進みましたが、金曜日の米経済指標が良かったことでドル買い戻しとなり、週全体では小さな動きに終始しました。

今週の為替相場について、日足・週足を中心に展望します。

ドル円
日足・週足ともに下げ基調が続いていますが、105円台前半では下げ渋っています。
105−107円でレンジとなる可能性がありますが、下げ圧力のほうが強いので戻り売りを基本に考えます。
106円付近ではポジションを取りにくいところですが、1時間足の長期線に上値を押さえられるようなら、106円台前半でも売り仕掛けて行きます。

ユーロドル
日足は1.22−1.24のレンジ内での動きとなっています。
若干上値を切り下げている状況なので1.20方向へ下落してくる可能性もあります。
まずは1.23台での売りを狙いますが、1.22の下値が固いようならドテン買いとなります。

関連記事:3/12-3/16為替相場の展望3/5-3/9為替相場の展望
     方向感の乏しいユーロドルを売ったり買ったり
     2/26-3/2為替相場の展望
     ユーロドルは1.23割れを試す動き
     為替はドル買いの動き
     2/19-2/23為替相場の展望
     2/12-2/16為替相場の展望
     2/5-2/9為替相場の展望
     ダウが大幅に下落
     1/29-2/2為替相場の展望
     ドル買い戻しは一時的な動きに終わる
     ECBを前にしたユーロドル上昇にちょっと乗り切れず
※上記は個人的な見解であり、投資における最終判断はご自身で行ってください。
nice!(53)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。