So-net無料ブログ作成


1413194019_article.png 2/12-2/16為替相場の展望

先週の株式相場はNYダウの急落により荒い値動きが続きました。
今回の株価急落はVIXインバースETNの巨額の損失が原因と言われており、その損失額の全貌がまだはっきりしていないところに不安が残ります。
そのような中、為替相場はドル買い円買いの動きとなり、欧州通貨が下落する一方でドル円だけは揉み合い傾向という結果になりました。
今週の為替相場について、日足・週足を中心に展望します。

ドル円
日足チャートは下落トレンドが続いているものの、108円台前半では買い戻しが入っています。
ただ1時間足で見ると上値下値ともに切り下げているので、戻り売り狙いが基本スタンスとなります。
1時間足の中期線を超えた109円付近での売りを狙っていきます。

ユーロドル
短期的には下落が続いていますが、日足・週足はいまだ上昇傾向を示しています。
下値を支えている1.22を割り込むかどうかがポイントとなっており、まずは上値を押さえている日足短期線の1.23付近で売りを入れ、1.22を割り込むようなら売り増していきます。
1.22で底固く推移するようであれば買いへと転じます。

関連記事:2/5-2/9為替相場の展望
     ダウが大幅に下落
     1/29-2/2為替相場の展望
     ドル買い戻しは一時的な動きに終わる
     ECBを前にしたユーロドル上昇にちょっと乗り切れず
     1/22-1/26為替相場の展望
     11/6-11/10為替相場の展望
     8/28-9/1為替相場の展望
     一旦はドル買いに進まざるを得ない状況
     8/14-8/18為替相場の展望
     8/7-8/11為替相場の展望
     7/31-8/4為替相場の展望
     7/24-7/28為替相場の展望
※上記は個人的な見解であり、投資における最終判断はご自身で行ってください。
nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー