So-net無料ブログ作成
検索選択
本日夜までの動き ブログトップ
前の1件 | -


1413194019_article.png 急落したドル円と日経225先物を買い建て

本日の東京時間は、米大統領選挙の開票で大荒れとなりました。

トランプ氏優勢が伝えられると、ドル円は105円台から101円付近まで急落し、
日経先物も17,400円台から16,090円まで1000円以上値を下げました。

こうなると市場はバーゲン状態の買いチャンス。

ドル円を昼前に102.2円で買い、更に14時頃に101.2円で買い増しを入れ、
ついでに日経225先物も16,130円で買い建てました。

夕方になってトランプ氏勝利が確定すると、
市場は一気に巻き戻しとなり、
ドル円は103円台、日経先物は16,700円付近まで回復してきました。

NY時間が始まらないと安心は出来ませんが、
もう少し利益を伸ばしていけると考えています。

関連記事:大統領選を前にドルと株の買い戻し
     11/7-11/11為替相場の展望
     雇用統計後のドル買いは一時的な動きに終わる
     雇用統計を前に株価は軟調な動き
     ドル円とユーロドルは日足長期線で反転となるか
     10/31-11/4為替相場の展望
     クリントンのメール問題再調査で為替はドル売り
     ドル円105円超え
     ドル円は上値を抑えられるも基調は上向き
     10/24-10/28為替相場の展望
     ドラギ発言でユーロドル乱高下するも為替はドル買い方向へ
     ECBを控え動きの少ない相場
※上記は個人的な見解であり、投資における最終判断はご自身で行ってください。
前の1件 | - 本日夜までの動き ブログトップ