So-net無料ブログ作成
検索選択


1413194019_article.png 7/17-7/21為替相場の展望

先週の為替相場は、弱い米経済指標の影響もありドルが売られる展開となりました。
今週の為替相場について、日足・週足チャートを中心に展望します。

ドル円
週足チャートはこれまで上値下値ともに切り下げる弱い動きとなっていましたが、ここにきて下値が109円付近で下げ止まりを見せています。
上値は前回高値の114円台半ばで押さえられていますが、110円を割り込まなければ再度115円を窺う動きとなりそうです。
ただ短期的には下落局面に入っているので、111.5円付近までは小さな売りで利益を狙ったほうが良さそうです。

ユーロドル
日足中期線に下値を支えられ上昇傾向を示しています。
週足レンジ上限の1.15超えを試す位置まで来ているので、このラインの上に逆指値買いを入れて待ちたいと考えます。

関連記事:ユーロドルは日足中期線まで下落
     7/10-7/14為替相場の展望
     NASDAQは日足長期線まで下落
     7/3-7/7為替相場の展望
     ダウ下落で日経先物2万円割れ
     6/26-6/30為替相場の展望
     6/19-6/23為替相場の展望
     6/12-6/16為替相場の展望
     6/5-6/9為替相場の展望
     5/29-6/2為替相場の展望
     5/22-5/26為替相場の展望
     ダウ370ドル安、ドル円は111円割れ
     5/15-5/19為替相場の展望
     北朝鮮核実験の報道で日経先物は20,000円から押し戻される
※上記は個人的な見解であり、投資における最終判断はご自身で行ってください。
nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。