So-net無料ブログ作成
検索選択


1413194019_article.png 6/12-6/16為替相場の展望

先週は英国総選挙の影響もあり欧州通貨が売られましたが、
ドル円は比較的底堅い動きとなりました。
FOMCを控えた今週の為替相場について、日足・週足チャートを中心に展望します。

ドル円
日足短期線を上抜き下落一服となりましたが、上値は日足中期線に抑えられています。
下値を支えている週足長期線も方向は下向きであり、下落基調は変わっていません。
日足中期線の水準の111円付近での売りを考えていますが、
そこまで戻りがない場合にはFOMCを控えていることもあり、様子見と行くつもりです。

ユーロドル
日足中期線を割り込み、上昇基調にやや陰りが出てきました。
ただ前回安値の1.11付近までは下げておらず、もう一段の上げがあってもおかしくない配置です。
1.11台で買いを入れ1.12台後半での利食いを狙って行きます。

関連記事:6/5-6/9為替相場の展望
     5/29-6/2為替相場の展望
     5/22-5/26為替相場の展望
     ダウ370ドル安、ドル円は111円割れ
     5/15-5/19為替相場の展望
     北朝鮮核実験の報道で日経先物は20,000円から押し戻される
     仏大統領選はマクロン勝利で為替は円売りユーロ買い
     5/8-5/12為替相場の展望
     ドル円は日足長期線に上値を押さえられた状態
     5/1-5/5為替相場の展望
     4/24-4/28為替相場の展望
     4/17-4/21為替相場の展望
※上記は個人的な見解であり、投資における最終判断はご自身で行ってください。
nice!(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。