So-net無料ブログ作成
検索選択


1413194019_article.png 4/10-4/14為替相場の展望

先週末の雇用統計はNFPが予想を大きく下回ったものの、
失業率が改善したこともあり為替ではドルが買われる動きとなりました。
今週の為替相場について、日足・週足チャートを中心に展望します。

ドル円
日足、週足ともに下落基調のままですが、110円の下値が固くなってきています。
前回高値の112円を越えられるかどうかがポイントとなるので、
ここを上抜けるまでは売りスタンス継続とし、
112円を超えてくることがあれば買いへと転じていきます。

ユーロドル
下値を支えていた日足長期線および週足中期線を下抜けてきました。
1.05付近への下落を狙って、日足短期線の下で推移している間は戻り売り狙いでいきますが、
1.065を大きく越えてくるようなら一旦損切りして様子見とします。

関連記事:雇用統計を控え相場は揉み合い
     4/3-4/7為替相場の展望
     ドル円は111円台後半まで回復
     3/27-3/31為替相場の展望
     ダウの下落と円高で日経先物は19,000円割れ
     3/20-3/24為替相場の展望
     ユーロドルは1.08目前まで上昇
     FOMCを前にドル円は底堅い動き
     3/13-3/17為替相場の展望
     3/6-3/10為替相場の展望
     トランプ議会演説を終え相場は株買いドル売り
     2/27-3/3為替相場の展望
※上記は個人的な見解であり、投資における最終判断はご自身で行ってください。
nice!(91)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 91

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。