So-net無料ブログ作成
検索選択


1413194019_article.png 3/20-3/24為替相場の展望

先週は、FOMCで今後の利上げ見通しが緩やかだったことからドルが売られ、
ドル円は下落し欧州通貨が上昇する動きとなりました。
今週の為替相場について、日足・週足チャートを中心に展望します。

ドル円
日足では111.5円ー115.0円の間での動きが続いています。
週足長期線が下値を支えている状態なので、
111円台へ下落してきたところで、押し目買いを入れていきます。

ユーロドル
日足中期線が長期線を上抜け、上昇基調を描いています。
週足でも短期線が中期線を下抜ける手前で反発となっており、
週足長期線の1.10付近まで上昇する可能性が出てきました。
まずは前回高値の1.082がポイントとなるので、
この付近では小さく売っておき、上抜けたら買いに転じていきます。

関連記事:ユーロドルは1.08目前まで上昇
     FOMCを前にドル円は底堅い動き
     3/13-3/17為替相場の展望
     3/6-3/10為替相場の展望
     トランプ議会演説を終え相場は株買いドル売り
     2/27-3/3為替相場の展望
     ユーロドルは前回安値を試す動き
     2/20-2/24為替相場の展望
     株高でダウは高値更新
     2/13-2/17為替相場の展望
     ドル円の下げは111.6円で反発
     ドル円111円台で日経先物18,800円
※上記は個人的な見解であり、投資における最終判断はご自身で行ってください。
nice!(67)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 67

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。