So-net無料ブログ作成


1413194019_article.png トランプ議会演説を終え相場は株買いドル売り

トランプ大統領の議会演説では目新しい内容がなかったものの、
不安材料が減ったことで株が買われる動きとなり、
欧州時間に入って日経先物は19,500円台まで上昇しています。

為替相場はドル買いとなり、ドル円が113.8円まで上昇する一方で、
ユーロドルは1.052まで下落しています。

ユーロドルは再び1.05割れを試す方向へと動いていますが、
10日の米雇用統計と15日のFOMCが控えており、
それまでに大きな動きがでるか、微妙なところです。

関連記事:2/27-3/3為替相場の展望
     ユーロドルは前回安値を試す動き
     2/20-2/24為替相場の展望
     株高でダウは高値更新
     2/13-2/17為替相場の展望
     ドル円の下げは111.6円で反発
     ドル円111円台で日経先物18,800円
     2/6-2/10為替相場の展望
     雇用統計後のドル売りは連銀総裁の利上げ発言で反転
     3月利上げ期待の薄れるFOMC結果に為替はドル売り
     トランプ大統領のドル高牽制発言で為替はドル売り
     日銀とFOMCを前に株価は軟調な動き
※上記は個人的な見解であり、投資における最終判断はご自身で行ってください。
nice!(63)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 63

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。