So-net無料ブログ作成


1413194019_article.png ユーロドルは日足短期線の下での動き

昨夜の海外市場は週末ということもあり、前日のドル買いの動きも一服となりましたが、
基調としてはドル買い再開の兆しが見えています。

ユーロドルは1.065から反発したものの上値は日足短期線に抑えられており、
その日足短期線も下方向へと転換しそうな配置となっています。

ドル円は逆に日足短期線を超えて上昇してきていますが、
こちらは日足中期線と交わる115円付近で上値を抑えられています。

来週は日銀、FOMC、BOE、米雇用統計とイベントが目白押しなので、
大きな動きに注意が必要となります。

関連記事:ダウ20,000ドル超えで日経先物19,200円台
     ダウ20,000ドル目前まで反発
     1/23-1/27為替相場の展望
     トランプ就任演説後もドル売りの流れ継続
     ユーロドルは日足長期線まで上昇
     1/16-1/20為替相場の展望
     トランプ会見で為替は乱高下
     トランプ会見を控え相場は小動き
     1/9-1/13為替相場の展望
     雇用統計後はドル買いの動き
     雇用統計前のドル売戻しでユーロドル1.06手前まで上昇
     ダウは再び20,000ドル目前へ
※上記は個人的な見解であり、投資における最終判断はご自身で行ってください。
nice!(46)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 46

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。